高座豚

高座豚ものがたり

「かながわ名産100選」に選ばれた、旨みがひろがる良質の豚肉

高座豚について

高座豚(こうざぶた)は神奈川県旧高座郡で明治時代から飼育されてきましたが、一度は「成長が遅い」「飼育が難しい」などの理由で絶滅の危機に陥りました。
そんな中旧高座郡の生産者と手を取って復活させ、昭和56年から高座豚の生産・販売を開始し、昭和59年には高座豚の商標登録を取得しました。
現在は旧高座郡地域の他に、秦野市、横浜市、平塚市でも高座豚は生産されています。
一般的な豚肉に比べ肉質がきめ細かく柔らかで良質な脂質を含み、その味の良さから「かながわ名産100選」に選ばれています。
セントラルフーズは優れた飼育技術を持つ提携養豚家と共に「高座豚研究会」を運営し、発育時期に応じた飼料の配合や、水の改質、飼育環境・安全性の向上など、高品質の高座豚を飼育する環境づくりや品種改良に努めています。
※旧高座郡(綾瀬市、藤沢市、茅ヶ崎市、相模原市、座間市、海老名市、寒川町、大和市)

高座豚おいしさの秘密

「飼育環境へのこだわり」がおいしさを作る

高座豚

門倉種豚場 門倉敏夫さん
高座豚の柔らかく、ジューシーな味わいをつくるために、飼育には大変気を使っています。
母豚や種豚の選別、成長に合わせた飼料の与え方も重要ですが、何より大切なのは豚の体調管理です。
高座豚は人間同様暑さや寒さに敏感なため、環境には細心の注意を払い、ストレ スを与えないよう十分配慮しています。
時間と手間を惜しんでいては良質な豚肉にはなりませんから。
私たちが手塩にかけて育てた高座豚をお客様が「おいしい」と言っていただけた 時ほど嬉しいことはありません。旨み広がる味わいをぜひ皆さんに召し上がっていただきたいですね。

高座豚の商品