手ノ子牛

手ノ子牛ものがたり

生産農家と力を合わせて

手ノ子牛

江戸時代より黒毛和牛の名産地として知られる山形県西置賜郡(旧米沢藩手ノ子地方)。
夏は非常に暑く、冬は豪雪の降る盆地特有の気候が、上質な肉質の手ノ子牛(てのこぎゅう)の故郷です。
昭和47年に、この地で優れた飼育技術を持つ生産農家が東北地方で最初の生産者団体
「手ノ子牛研究会」を結成し、手ノ子牛の生産をスタートしました。当社では同年に手ノ子牛の商標を取得しました。
現在は手ノ子牛研究会の生産農家と共に品質向上に向けて研究を重ねています。穀物を中心をした自家配合飼料を使用し、牛の健康や飼育環境に気を配りながら、一頭一頭最高の状態に育て上げています。

手ノ子牛おいしさの秘密

「他の銘柄牛に負けない、最高の手ノ子牛を目指して」

手ノ子牛

手ノ子牛研究会 会長 小関勝助さん(写真左)
とろけるような脂と芳醇な香り。理想の手ノ子牛を育て上げるのは一筋縄ではいきません。
手ノ子牛のふるさとである山形県は寒暖の差が大きく、牛にとっては体調を崩しやすい自然環境です。
そのような中でも、常に一頭一頭の健康状態に気を配り、季節に合わせて牛舎の温度や湿度を調節する為に空気を入れ替えるなど、体調を崩すことのないように愛情を込めて育て上げています。
素牛選びやこだわりの飼料が大切であるのはもちろんのこと、それらと同じくらい、一頭一頭に対する気遣いや愛情も不可欠なものであると思っています。
お客様からの「おいしい」という一言が私たち生産者の「誇り」であり、
また、最高の手ノ子牛を育てる為の「糧」となっています。

手ノ子牛の商品